医療法人敬樹会かなで訪問看護ステーション入口の目印野立て看板 さいたま市

令和2年6月29日
さいたま市西区

医療法人敬樹会
かなで
訪問看護ステーション 様

事務所の地形が「敷地延長」という地型なので、道路から見えません。

そのため、道路に面している場所に「目印になる看板を建てたい」と言うお話しを頂き、名前を入れた目印になる「野立て看板」の製作施工致しました。

かなで訪問看護ステーション入口目印野立て看板設置予定の現場写真

かなで看護ステーションの事務所の地形は 敷地延長と言う 幅の狭い入口の奥にあります そのため道路からは事務所が見えず 出入り口に 目印になる野立て看板を建てます

野立て看板の鉄骨本体を穴を掘って建てる

二本の鉄骨の足を立てる場所を決めて 専用の道具で 地面に二つの穴をあけて 野立て看板の鉄骨の土台を建てます

隣りとの境のブロック塀と 野立て看板との間隔に神経を払い 看板が地面に対して「並行」に「垂直」に 測定器具を見ながら 行ないます

早く固まるセメントを投入して 鉄骨を固定します この時も 餅との間隔と 地面に対して「並行」と「垂直」の計測器を見ながらの 作業です

作業場で製作してきたパネル看板を野立て看板の骨組みに設置

投入したセメントが 固まったことを確認して 制作してきたパネル看板を 野立て看板の本体に 取り付けます

作業した跡が分からないように
化粧をほどこします

かなで訪問看護ステーション出入口目印野立て看板施工完了

目印野立て看板完成です

医療法人敬樹会
かなで訪問看護ステーション 様

この度は、㈲オフィスアライに、看板のご用命をくださり、本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

そして、かなで訪問看護ステーション様の、益々のご発展と繁栄を、心より祈念致します。

㈲オフィスアライ 代表取締役 新井則久
 

【追伸】
看板は、作る目的によって、打ち合わせの重要度が変わります。

自分で「こういう看板」を考える前に、あなたのビジネスの専門家は「あなた」ですが、看板の専門は「私」です。

そのため、二人三脚で一緒に考えることが重要です。

相談は無料ですので、近所の看板屋に、チョット話しでも聞くつもりで、私「新井」に、気軽に声をおかけ下さい。

売り込みや説得はしないので、安心して、下記の電話にどうぞ!

土.日も営業!

電話には私(新井)がでますので
「ホームページを見た」とお話し下さい!

承り:さいたま市(岩槻区除く).戸田市.蕨市

受付 09:00~20:00/年中無休(年末年始.大型連休を除く)

powered by crayon(クレヨン)